八千代市が平成26年八千代市の10大ニュースを発表

Posted on

市が選ぶ10大ニュースを発表

市がこういうニュースを出すのは珍しい気がしますが市のホームページにあがっております。

http://www.city.yachiyo.chiba.jp/21000/page100025.html

10個中3個が再編など政治・行政関連になっており、取り組みの真剣さ・厳しさの表れなのではと思います。

No 主な出来事 概要
1 公共施設再編に向けた取り組みの強化 4月
専任の準備室を4月(10月からは推進室)、6月に公共施設再編検討・検証委員会を立ち上げ。8月に市民アンケートを実施、10月には公共施設等に関するシンポジウムを開催。公共施設白書を11月に発行
2 防犯灯のLED化 4月

9月
市が管理している防犯灯約1万3,250灯を、消費電力が少なく寿命が長いLED照明に更新し、全灯LED化
3 「財政リスク回避戦略2014キックオフ」を宣言 7月 人口の伸びの鈍化等に伴う歳入見込みの下方修正、基金残高不足、新たな公共施設の維持管理経費の確保、公共施設の老朽化などに対応するため、「財政リスク回避戦略2014キックオフ」を7月28日に宣言
4 「煌めく青春関東総体2014」女子バスケットボール競技開催 8月 平成26年度全国高等学校総合体育大会で、女子バスケットボール競技を市内4会場で開催
千葉県代表として千葉英和高等学校が出場。初めてのパブリックビューイングを市民会館で実施
5 子ども医療費助成制度の助成対象を拡充 8月 小学3年生までを対象としていた通院・調剤に係る医療費助成を、8月診療分から中学3年生まで拡充
6 八千代の梨が100周年 8月 大正3年村上地区で宮崎淏(きよし)さん、宮崎規矩治(きくじ)さんが始めた八千代市の梨栽培が100年目を迎える。
「100年の歴史 八千代の甘熟梨。」をキャッチフレーズに、公式サイトや梨園直売所マップでPR
7 総合グラウンドオープン 9月 市民スポーツの拠点となる総合グラウンドが9月7日にオープン。こけら落しに「高円宮杯U-18サッカーリーグ2014千葉」の一戦として、千葉県立八千代高等学校 対 習志野市立習志野高等学校の試合を開催
9・10月には小中学校の総合体育祭を開催
8 野々村選手、体操世界選手権で団体銀 10月 中国・南寧で開催の第45回世界体操競技選手権大会に、村上東中学校卒業生の野々村笙吾(順天堂大学)さんが日本代表選手として参加。決勝ではつり輪と平行棒で演技し、日本が団体銀メダル
9 事業仕分けの実施 11月 初の事業仕分けを実施。2日かけて43事業を3会場で仕分け。有識者仕分け人と無作為抽出の市民仕分け人が議論し、無作為抽出の市民判定人が判定
10 八千代市議会議員選挙 12月

定数が28になり初の八千代市議会議員一般選挙を12月21日に執行。イオンモール八千代緑が丘に新たに期日前投票所を開設

このエントリーをはてなブックマークに追加


八千代市が平成26年八千代市の10大ニュースを発表”には1件のコメントがあります。

  1. Pingback: 八千代市が平成27年八千代市の10大ニュースを発表トプラス 八千代台

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です